• るんびに保育園|福岡県糸島市の理念
  • るんびに保育園|福岡県糸島市のこだわり
  • 地域の皆様へ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市からのお知らせ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市について
子どもエッセイ
2012年2月29日 水曜日

いよいよ明日は発表会のリハーサル!

毎年、年長児の女の子のお化粧や髪の毛を私が担当してるんですが、できるだけ本物に近くしたいなぁってことで、いつも事前に演目のPVをチェックするんですね。

今年はKARAとAKBなので、それぞれの曲のPVをチェックしていると・・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=TczjBn2lt9E

なんだこれええええええ!!!!???

YOU TUBEでミッケしちゃいました!!!

 

思わずPC前で大爆笑してしまいました!

 

 

さて・・・

これはやっぱり・・・

とっきーあたりに本番やってほしいですよねえ・・・?(笑

 

明日ちょっと言ってみよーっと!

カテゴリー: 子どもエッセイ
2012年2月29日 水曜日

今日はいいお天気になりましたね。昨夜の雪景色がウソのようです。(私の主人は娘を誘って 出勤前にでっかい雪だるまを作ってました(*^_^*))

さて、保育園では発表会が近づいてきて子どもたちも保育者もみんな気持ちが盛り上がってきました。今日のまねっこ組のステージ練習では、立ち位置に顔写真を貼って踊る場所がわかるようにしてみました。でも張り切って踊るうちにあっちへ行きこっちへ行き・・・・・・=^_^=

いつも笑顔で楽しんで踊る子もいれば 恥ずかしくて動けなくなってしまう子もいますが それが2歳児のいい所だと思います。また、同じ振付けでも一人ひとり動きに個性があってとてもかわいいです。

本番はいつもと様子が違うので緊張して固まってしまう子もいるかもしれませんが あたたかい目で見守ってくださいね♡

2歳児 koga

 

 

 

カテゴリー: 園のこだわり
2012年2月28日 火曜日

3月は年長さんが最後の月なので、もう一度食べたい給食メニューとして、リクエストに応える月になっていますが、3~5歳児にアンケートしたベスト3は、1位唐揚、2位カレーライス、3位ハンバーグでした。その後はうどんと続きます。でも毎日子供達を見ていたら、煮物や味噌汁なんて大好きで、お鍋が空っぽになって返ってくるので、和食も大好きの様です。和食って昆布やいりこ等の旨味をたっぷり頂くのがみそなんですが、これらの食材からうまみ成分が取れると最初にわかった人って偉い!と感心してしまうくらい本当に美味しいですよね~。毎日離乳食を昆布でだし取りながら、旨いなあ…としみじみ感じます。和食がいろんなところで見直されている今、実際昆布等で取っただしを哺乳瓶に入れて乳幼児に飲ませてみたら、本当に飲むそうです。日本人って生まれながらに和食が好きなのかもしれませんね。園の子ども達もこれからも和食の良さを知って、好きでいてほしいなあを思います。

給食室 みゆたん

 

カテゴリー: 園のこだわり
2012年2月28日 火曜日

いわゆる「マニュアル人間」というのは、マニュアルどおりにしか動けず、臨機応変に行動できない融通のきかない人のことを言います。

何事もないときはいいのですが、世の中というのは常に、いろんなことが起こり、同じ毎日を過ごすことはありませんし、全く同じことが起きる事もありません。

ですので、「マニュアル人間」だと、日々の生活や仕事において、往々にしていい結果を出せないことが多くあります。

いい結果を出せないだけならいいのですが、余計な手間やトラブルまで引き起こしてしまうこともあります。

これは、どうやら、マニュアルとルールを履き違えているからのような気がします。

マニュアルは、「基本的には参考になり、困ったときに役立つこともあるが、あくまでも参考にしかならないもの」であり、ルールは「他人に意図的に迷惑をかけないように、最低限、守らなければいけないもの」です。

マニュアルは守れても、ルールは守れない・ルールよりもマニュアル重視。

そんなおとなが増えている、もしくは目立っているように感じます。

 

うちの園では、子どもを「一人の人間」とみなして保育します。

一見、ものすごく子どものわがままを通す保育のように思われがちなのですが、人としての「ルール」にはとても厳しいです。

最低限のルールはきちんと守るからこそ、子ども達の自由が保障されるわけです。

逆に、マニュアルに関しては、あまり重要視していません。

マニュアルはあくまでもマニュアルであって、その時々で状況は違ってくるからです。

例えば、赤ちゃんの授乳ですが、マニュアルでは「これくらいの月齢なら4時間おき」などとあります。

ですが、4時間持たずに空腹を感じる子どももいます。そういったときは、マニュアルよりも、その子の空腹を満たす欲求を受け止める方が精神的にも肉体的にも重要ですので、4時間おかずに授乳します。

4時間あけることは、ルールではないからです。

 

世の中を生きていくには、臨機応変に行動できる柔軟さが必要です。

特に、景気が悪い状況だとなおさらです。

これからを生き抜いていかなければならない子ども達には、マニュアル人間にだけはなってほしくないものです。

カテゴリー: 子どもエッセイ
2012年2月27日 月曜日

今日は午後から、行政と各小学校・幼稚園・保育所とのケースカンファレンスがありました。

それぞれの機関で、発達に課題を抱えている子ども達に、今後どのような配慮を行うべきか等の情報交換とケース検討などを行うものですが、年に数回、各機関から担当者が集まって数時間にわたり会議をしています。

今日のカンファで出た、ある園さんに通う子のケースです。

その子は、IQが124以上あり、同年代の子ども達と上手く関われない上に、頑固で、その子の対応に保育士が苦労している、というのです。

IQは、85から115程度が平均の範囲で、120を超えると非常に高い数値とされています。

120を超える場合、いわゆる天才肌タイプの子どもで、知的な面が非常に高いケースが多いわけです。

その話を聞いて、一体何に困るんだろうと不思議でなりませんでした。

同年代の子どもとうまく関われないのは、その子の発達レベルが同年代の子どもよりもたまたま上の年代の子どもたちと同じなわけであって、上手く関われないわけではなく、ただ、自分の発達に合った環境がないために、つまらなさを感じているだけのことです。

そのことで、トラブルになるならば、園はその子の知的その他の欲求を満たせる環境を用意してあげるべきですし、ひとりひとりに合った保育を提供するのが、今の日本の保育の最低限のルールなわけですから(現に、保育所保育指針には、ひとりひとりに合った保育を提供するようにはっきりと明文化されています)、子ども自身に問題があるわけではなく、きちんとした保育を提供していない園に問題があるのではないかなととても疑問に思いました。

喉まで出かかったのですが、下手なことを言うと、園否定や保育士否定としか受けられない恐れがあったため、何も言いませんでしたが・・・。

 

なんだかこういった話を聞くと、じゃあおとなは一体どういう子どもだったら納得するのかな?と疑問に思ってしまいますね。

要するに、平均で、枠からはみ出ず、集団の中にきっちり収まり、おとなの言うことだけを盲目的に正しいと受け入れる、そんな子どもしか「いい子」じゃないのでしょうか。

それ以外の子どもは、みんな「問題のある子ども」なんでしょうか。

 

なんだかおかしな話ですよね。

誰一人同じ人間なんていないですし、特にこの乳幼児期は、社会的なルールやモラルを身につけるには、まずは、子どもの受容をきっちり経ることが最低限必要な時期です。

子どもの需要を無視して、おとなの受容を子どもに強いてる気がしてなりません。

そんな状態でよく「子どものため」とか言えるなぁ・・・と中身が子どものままの私は、純粋にそう思ってしまいます。

カテゴリー: 子どもエッセイ
Translate »