• るんびに保育園|福岡県糸島市の理念
  • るんびに保育園|福岡県糸島市のこだわり
  • 地域の皆様へ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市からのお知らせ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市について
園のこだわり
2012年5月31日 木曜日

01歳児での出来事ですが昨日、月齢の高い子の真似をして一人ではこうと挑戦していました。

オムツからパンツになった子でたいてい「ちっちっ」と言いトイレに行きときどき間に合わないことも・・・(笑)

でも昨日は何も言わず電気もついてないトイレに行きうんちちゃんをして「出たー」と嬉しそうでした。こうやって自立していくんだなーと思いました。

そのためには「出来ないだろー」じゃなく「出来るかな?」とそっと様子を見ていこうと思いました。

極端に言うと甘やかすことも厳しくすることも出来るけど案配が大切かなーとも思いました!子どもにとって自立ができる接し方を考えていきたい

あちよち トッキー

カテゴリー: 園のこだわり
2012年5月31日 木曜日

現在、育児休業中のちーちゃんは、10年以上うちに勤めているベテラン保育士さん。

昨年生まれた双子ちゃんが加わって、4児の母でもあります。

現在は、お休み中なので、ゆっくり育児に専念しているのですが、たまに園にも顔を見せてくれます。

さすがに4児の母というだけあって、「肝っ玉母さん!」ってイメージがぴったりのように思われがちですが、ああ見えて結構あわてんぼうさんなんですよ(笑

すずしーい顔して内心焦っていることもしばしば(笑

細かいことにもよく気がついてくれて、気配りもしてくれるので、他園の方々が見学に来られたときなど羨ましがられます。

ちなみに、園庭の入口の石畳は、ちーちゃんが左官屋さんになって、セメントで作ってくれたものなんですよー!

他にも畑仕事などもお手の物なんですよ!

来年度の4月1日から復帰予定ですので、皆様またよろしくお願いしますね!

 

カテゴリー: 子どもエッセイ
2012年5月30日 水曜日

先週の日曜日元気だった我が子だったんですが・・・      月曜日の朝ごろごろしていたので熱を測ると38度

病院受診して、風邪でしょうと言われ待合室に行こうと思ったら、いきなり嘔吐し・・・     待合室の床と私のズボンが朝食べさせたオレンジゼリーまみれになり・・・

看護師のみなさんが、床拭きからズボンまで素早い動きで拭いてくれ・・・       再度受診して、「嘔吐下痢だからこのあと、まだ吐きますよ」と言われ・・・

点滴をうってからも40度の熱でぐったりだった我が子も夕方には回復してきて寝起きの一声が「わんわん」でした。

近所の犬を子犬のころからみているので、元気なときは犬を一日に4~5回見に行きます。

次の日は平熱に下がり食欲も戻り・・・1度しか吐くこともなく・・・  ほっとした一日でした。

去年の今頃は嘔吐下痢で1週間ほどお休みしていたのに、今回は2日でよかったことにびっくりです。

この1年でいろんな免疫をもらい強なったんだな~と思います。

うちの園でも嘔吐下痢が少し流行ってきつつあるので、嘔吐した時、便の処理など気をつけてくださいね。後、春からの嘔吐下痢は熱が高く出るそうです。

保護者の皆様もお子様の看病で大変な時もあるかと思いますが、病気=免疫力アップと思い乗り越えていきましょうね。

ではこれで終わりまーす。

 

                                                            すえつぐでした!!                                     

すえつぐでした!!

カテゴリー: 園のこだわり
2012年5月30日 水曜日

保育にとって、一番最初に行わなければならないことは、子どもや保護者を「受容」することだと思います。

受容とは読んで字の如く、「受け入れること」です。

つまり、その子ども、その保護者の「人となり」を理解し受け入れることです。

それが信頼関係の第一歩ではないでしょうか。

この「受容」を飛ばして、園の言い分だけを押し付けるような保育を行っているところがまだまだ多いですね。

例えば、子どもに何かをしてもらいたいとき。

わかりやすく言うと「言うことを聞いてもらいたい」時ですね。

こういう時、その子どもの個性は受け入れようとせずに、「こうあるべきだ」という価値観だけで指示するとどうなると思いますか?

まず間違いなく聞きはしません(笑

一見、おりこうさんに言うことを聞いているようでも、それは「叱られるのが嫌だから」「怖いから」「言うことを聞かなければいけないから」という理由であって、言われたことの本質はまず理解していません。

私たちは、子どもに「指示通りに動いて欲しい」ために保育をしているわけではなく、「どういうことをすればどんな結果になるか」「どういう理由でその行動をとるのか」を理解して欲しいために保育をしています。

そのためには、まず、受容が欠かせません。

子どもをまず受容することで、子どもは「自分が自分のままでいていい」ことを理解します。

これが先々とても重要なことで、その後の人生すべてを左右するといっても過言ではないのです。

まず「自分らしくいていい」ということを理解して初めて、「相手も相手らしくていい」ことを受け入れられるようになります。そこから、自分を受け入れてくれる相手との信頼関係が出来上がり、その相手への思いやりが生まれます。

信頼関係がないと、相手の話に耳を傾けられません。

子どもがおとなの言うことに耳を貸してくれない時は、たいていの場合、その子どものことをおとなが受容できていないか、おとなが言っていることが子どもにとっては納得のいかないことかのどちらかです。

要するに、子どもからすると

「自分のことは理解してくれない・受け入れてくれないくせに、おとなってだけで偉そうに自分の言い分だけを受け入れろって言うのはおかしい」

ってことです(笑

子どもって何もわからない生き物だと思われがちですが、びっくりするくらい色んなことを理解してるものです。

私たちおとなは、ついつい子どもよりも長く生きていますし、いろんな経験もしていますから、子どもよりも立場が上だとカンチガイしてしまいがちですが、長く生きているというだけで、子どもよりおとなが偉いわけでもないですし、人として優れているわけではありませんよね。

 

 

カテゴリー: 子どもエッセイ
2012年5月29日 火曜日

 昨日、まねっこ組にお手伝いに入りました。
3月までは、あちこち組だった子どもたち。
2ヵ月しかたっていないのに、ずいぶんと成長したなぁ~と感じました。
おしゃべりが上手になっていたり、おやつや給食の準備を自分でやったり…
一番感動したのは、おもちゃの貸し借りが上手になっていたこと。
お友達に「かして」といったり、自分が使っていたものをお友だちに言われて貸してあげたり。
どんどん成長していく子どもたちがまぶしく映りました。

0.1歳担当 ka^wa^

カテゴリー: 園のこだわり
Translate »