• るんびに保育園|福岡県糸島市の理念
  • るんびに保育園|福岡県糸島市のこだわり
  • 地域の皆様へ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市からのお知らせ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市について
園のこだわり
2012年7月31日 火曜日

最近まねっこぐみさんにカブトムシとクワガタ虫が住んでいます。きっかきは、副園長先生がお家の玄関に落ちてたから拾ってくれ、まねっこさんで飼うことに・・その後・・・主任の先生…保護者の方々・・・と、次々に拾ったよ~と持ってきてくれて、日に日に増えていきました。

子ども達が登園してきてお部屋に入ると自分の準備ではなく、カブトムシのご飯をあげることからスタートします。

「先生、ゼリーがなくなっとう。持ってくるね」と言い、毎日お世話をしてくれます。

保護者の方からもカブトムシくんは可愛がられ、頭の上や腕にのせた後、「懐かしい、小学校の時欲しかったんだよな~」って言われていました。

まだ、虫に触ることはできてませんが、みんなで名前をつけて大切に育てていきたいです。

 

 

                                           2歳児担当のみゆきでした!!

 

カテゴリー: 園のこだわり
2012年7月31日 火曜日

日々の保育の繰り返しの中で、保育者は様々な悩みや疑問、迷いにぶつかります。

子どもひとりひとりの個性が違うため、他の子どもでは通用することが、こっちの子どもには通用しなかったり、自分の行動が、果たして正しいのかどうか、などなど・・・。

目の前のことだけに囚われすぎると、大きな視野で物事を見れなくなって、ついつい目先のことだけを考えた行動をとってしまいがちです。

そんなとき、ふと立ち止まって、何を基準に考えていくかというと、やはりそれは「子ども」です。

壁にぶつかったときに、「子どもにとってどうなのか」ということを基準に置くことで、道が開けてくることがほとんどです。

私たちが日々行っている「保育」という仕事は、「答え」を探すものではなく、ひとりひとりの子供の今後の「道筋」を直接的間接的に照らし出す仕事です。

おとなの都合や思い込みで保育を行ってしまうと、そこにいる子ども達の未来の「選択肢」が狭まってしまいます。

「今」はよくても、「数年後」に、歪んだ形となって保育の弊害が現れてしまうことも十分に予想できます。

ですから、日々の保育を行うときに、絶対にブレさせてはいけないものは、基準を「子ども」にすることなんですね。

これがブレてしまうと、そこにいる子どもも迷ってしまいますし、園を信頼してくれている保護者も迷ってしまいます。

この基準は、その園の「理念」と呼ぶべきものだと思うのですが、「理念」だけは、どんなことがあっても、絶対に曲げてはいけないものではないでしょうか。

そして、その時代や地域性などに合わせて柔軟に対応できるものでなくてはいけないのではないかと思います。

カテゴリー: 子どもエッセイ
2012年7月30日 月曜日

今年の夏は、例年を上回る猛暑になると先日、ニュースが流れていました。

現に、全国で、熱中症になる人が日に日に増加傾向にあります。

熱中症に関しては、この10年ほど、温暖化が進むと共に、その症状や対応方法などが周知されるようになりました。

不幸にも、毎年、熱中症で命を落とす方々がいます。十分に気をつけていても、油断がならないのが熱中症です。

もちろん、普段から、熱中症になりにくいからだづくりを心がけていなければいけないのでしょうが、乳幼児やお年寄りの場合、なかなか思うようにはいかないのが現実ですね。

今年の8月の暑さはこれまでをはるかに上回るとの予報が出されていますが、過去10年で一番熱さが厳しかったのは2010年の夏です。

統計を見てみますと、熱中症で搬送された人は、5万6814人、死者は172人となっており、前年の10.6倍にも上っています。

今年は、現時点ですでに39名の死亡者が出ています。

これ以上、増加しないことを願うばかりです。

厚生労働省より、暑い日の作業計画の見直しを勧める報道発表がなされています。

下記のURLよりページへジャンプできますので、お時間のある方は、ぜひご一読ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/h24_nettyuuchou.html

カテゴリー: 子どもエッセイ
2012年7月29日 日曜日

月末になると、次の月の居残り用の献立をたてます。

うちの園は20時まで開園しているので、19時になったら晩御飯になります。

お仕事で帰りが遅いご家庭のために、少しでも家事の負担を軽減できるようにとの考えからですが、できるだけ、いろんな「食」に触れて欲しいと思うので、毎月、お昼の献立予定表とかぶらないように、にらめっこ状態になります(笑

8月は、瓜系の夏野菜をたくさん取り入れて、日中にこもってしまった熱を体内から冷やせるような献立にしています。

メニューによっては、子どもがあまり好きじゃないだろうなぁと思えるものもあるのですが、この時期は、いろんな「食」を「摂る」ことよりも、「触れる」事の方が重要だと思っていますので、子ども達が「食の幅」を広げられるように、工夫しています。

この時期は、暑さから食欲が落ちがちになるので、カレー粉などの食欲を増進させる香辛料などを上手に使いたいですね。

そういえば、うなぎもこの時期にはおすすめの食材ではあるのですが、今年はうなぎが高騰してますので、そんなに頻繁に使用することができない悲しい現実です・・・。

うなぎを思い切り食べたいなぁ・・・(笑

カテゴリー: 子どもエッセイ
2012年7月28日 土曜日

息子が熱を出しました。

とりあえずは元気はあるし、食欲もあるので、自宅で様子をみることに。

体温は徐々に上がり、38度9分となり、起き上がるのも辛いとのことだったので、熱さましで少しお熱を下げてあげて横にならせようとしたのですが・・・。

熱が7度台まで下がったことで、元気になってしまって失敗・・・

起き上がって録画していた番組を見る始末・・・フゥ・・

身体は辛いはずなのに、気合で遊ぼうとするんですよね(笑

水分や食事も摂れていて、尿も定期的に出ているので、病院受診はまだ必要ないかなと思いつつも、いつでも受診できる心構えはつけておいて・・・。

 

 

 

一晩眠って、アッサリと解熱・・・

そして、早速動き回るという・・・

念のため、外出は控えて、自宅内で遊んではいたのですが、子どもの快復力にはいつもびっくりさせられます。

7ヶ月から通園を始め、2歳あたりまでは、月に1・2度のペースで何かしらの病気をしていたんですが、今は年に1・2度熱を出すか出さないかくらいになりました。

小さな頃から、色んな菌をたくさんもらって、抵抗力がついたんでしょうね。

小さな頃から子ども集団で育った強みかもしれません。

カテゴリー: 子どもエッセイ
Translate »