• るんびに保育園|福岡県糸島市の理念
  • るんびに保育園|福岡県糸島市のこだわり
  • 地域の皆様へ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市からのお知らせ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市について
園のこだわり
2012年8月31日 金曜日

こんにちは!最近は少し涼しくなってきたせいか、子ども達の食欲がでてきて、ご飯やおかずが空っぽになって返ってくることが多くなりました☆

少し前の給食が、オムレツだった時の事。以上児さんのクラスは、お当番さんが配膳をしてくれるので、量や盛り付け方の見本として1セット分の給食をおぼんに作って見本としてあげているのですが、その見本のオムレツに、ちょっとした遊び心で、ケチャップでスマイリー?みたいに目と口をちょんちょんっとかいてあげていたんですね♪

するとその日のお当番さんが、「〇〇ね、今日お当番やったけんね、みんなのオムレツにおかお描いてあげたよ!」と嬉しそうに言いに来ててくれました。その後に、オムレツをおかわりしにいった何人かの子ども達が、「みて~これパパの顔!」「赤ちゃん描いたよ」「泣きべそかいたひと」と次々にケチャップで描いたオムレツを見せに来てくれました(^o^)

それでもケチャップをかけるのは少しと言われているので、みんなちゃーんと守って薄ーく描かれているのがまた可愛いんですね(笑)

たまにはこういうのもいいなぁと思いました(*^。^*)

給食室 池ちゃん

カテゴリー: 園のこだわり
2012年8月31日 金曜日

いやぁ すごいタイトルですね(笑

むしろもう目にしたくない言葉ですが、実はこれ、かの有名な宝塚歌劇団の裏校訓と言われるものなんですね。

伝説の教えである「ブスの25ヶ条」は、舞台袖に貼り出されていたりするそうです。

この存在を知ったのは、昨年行われた東京での経営会議の場です。

全国津々浦々から園長・理事長などが集って「子どもを主体」にした保育に関して2日間会議を行うんですが、その際に、とある園長先生のプレゼンの際にご教授頂いたものです。

25ヶ条の「こういう人はブスだ」という項目があるのですが、これは何も、「見た目」の問題ではなく、「人間性」の問題と感じます。

しかも、通常「ブス」といえば、女性を蔑視した言葉ですが、女性だけでなく、男性にも当てはまると思います。

もっと言えば、ここでいう「ブス」とは、「お客さんに人気がない」「人を惹きつけない」ということであり、これはそのまま保育の世界にも当てはまります。

つまり、ここでいう「ブス」は、「子どもが近寄ってこない」「保護者に敬遠される」「他の職員や他園の職員と円滑なコミュニケーションがとれない」ことです。

これはかなり保育園に勤めるものとして致命的です!

 

容姿端麗で才色兼備な女性しか合格できない宝塚歌劇団の養成校は、入学倍率が何十倍というものすごい競争率な上、入学を認められたあとも、規律が厳しいことで有名です。

こういった裏校訓があるのもさすがプロだと言えますね。

カテゴリー: 子どもエッセイ
2012年8月30日 木曜日

認可保育所では、厚生労働省より発布されている「保育所保育指針」において、いろいろなことが義務付けられています。

その中に、「自己評価」があります。

これは、自分の園の保育や保育者を振り返り、よりよい保育を目指すためのものであり、課題や問題点を発見し認識するためでもあります。

保育園だけに限らず、「組織」というものは、下手をすると閉塞的になりやすく、慣れが悪い方へ働き、ただのルーティンワークを繰り返すだけの日々になりがちです。

そういったことを防ぐためにも、自己評価は、それぞれが「自分なりの何か」を「意識」できるツールのひとつであるといえます。

うちの園でも、月に1度、保育環境や保育者のあり方などを、各自でチェックしています。

その月の反省点と次に生かすためにどうするかを考えるきっかけになっています。

チェック項目は、各園によって違うのですが、保育者に関してのうちの場合は、「子どもをひとりの人間とみなした態度で臨んだかどうか」や「保育者間のコミュニケーションが十分であったかどうか」「保育に関係することを何かしら学んだかどうか」など、保育に関して必要不可欠な項目を10項目くらい作っています。

熊本県の城山保育園さんでは、その自己評価のチェック項目のひとつに、「わかった気になっていないか」というものがあるそうです。

これは専門職についている人間すべてに当てはまる項目だと思います。

専門的な仕事をしている人間は、年数が経ってくると、中身があまり伴っていなくても「わかった」気になりがちなんですね。

20年保育者として子どもに携わっていても、子どもの心理や行動など理解していない保育者もいますし、「自分はベテラン」だと豪語するくせに、やっている保育は何十年も前の戦後教育だったり・・・。

時代の流れとともに、子どもを取り巻く環境は変化していきますから、子どもの姿が変化していくのは当然のことなんですけどね。

どの職業においても、共通して言えることだと思うのですが、「わかった気」になってしまった時点で、「終わり」ではないでしょうか。

「わからない」と感じるからこそ、「わかりたい」と思って何かを学ぼうとするものです。

「わかった気」にはなりたくないものですね。

カテゴリー: 子どもエッセイ
2012年8月30日 木曜日

8月も終わり・・・夏休みももう終わりになりますね。

夏休み中は、卒園児さんたちも送迎時に一緒に来てくれて、あれこれおしゃべりをして行ってくれてました。

お出かけしたことや、お家でのできごとなど、楽しかったお話がいろいろ聞けました (*^_^*)

そんな中、ある日のあちよちぐみさんが遊んでいる光景に・・・

カゴをひっくり返して、底の部分にままごとの食べ物(ハンバーグ・ステーキ・パン・キャベツ・・・など)をびっしりと並べて囲んで座り、楽しそうに突っついたりお皿に取ったりしてました。

おまけに !!

 マラカスをネジネジして(粒コショウを挽いてる感じでした)みたり、厚紙でパタパタ扇ぐ真似をしてみたり・・・

ひとつひとつの仕草が本格的で、まさしくバーベキューがあっている感じでした !!

あちよちぐみさんも、夏ならではの楽しかったできごとがいっぱいだったみたいですね (*^。^*)

 

あちよちぐみ担当  tae

 

 

カテゴリー: 園のこだわり
2012年8月29日 水曜日

ダイバーシティ(diversity)とは「多様性」という意味です。

現在、日本でも、多くの企業が多様性問題の啓蒙活動や、多様性の推進に取り組んでます。

つまり、日本が抱える大きな課題のひとつであると言い換えることができます。

日本という国は、「同質」を重んじる文化です。要するに、「みんな同じ」でないといけない文化が根強いのですね。

日本語の「違う」という言葉には、different(異なる)の意味とwrong(正しくない)の両方の意味があって、「異なるのは悪いことだ」という価値観が根底にあるようです。

と言うことは、様々な価値観や種々雑多なものを受け入れるという「ダイバーシティ」を、日本人が真に理解、賛同し、推進するのは簡単ではないのでしょう。

しかし、欧米をはじめとして、世界の先進国においては、今日では、ダイバーシティを道徳や倫理からの視点だけでなく「企業戦略の一環」と考えています。

つまり、「多様な人材を取り込み、その人材が実力を十二分に発揮できて、正当な評価を受ける」という企業文化を構築することが、経営上の優先課題になっているのです。
ところが、日本においては、少子化に伴う労働人口の減少に直面しているにもかかわらず、この「ダイバーシティ」を理解し、賛同し、推進することについていけていない企業があまりにも多く存在します。

直面している問題が目の前に存在しているにも関わらず、です。

人材を多様化するのは待ったなしの課題といえるのですが・・・。

慶応義塾大学の高橋俊介教授は、日本企業が直面するダイバーシティを次のように非常にシンプルにレベル分けしています。

・ 多様性ゼロ⇒新卒男子だけの採用
・ 多様性の初歩⇒中途採用
・ 多様性の中級⇒女性の活用
・ 多様性の上級⇒外国人の活用

「女性や外国人を問わず、実力のある人材が最大限の力を発揮するような環境を提供し、組織の求心力を高める努力を怠っている企業は、将来の存続が危ういといって過言ではない」とのこと。

 

これらは、何も、「企業」に限って言えることではないと思います。

日本が世界の中で生きて行く上で、これらの意識なしにはもう「先進国」であることは難しくなってくるのではないかと思っています。

年々下がる一方のGDPやGNPを見れば、一目瞭然です。

確かに変わることに対しての不安や心配などは、誰もが抱える感情です。

しかし、「違うことがいけないこと」だとする日本の文化は、現代にはもうそぐわなくなってきているのではないでしょうか。

 

今後、世界の多様性は日に日に増して行くものだと思います。

これからの世の中を、今の子ども達は生き抜いていかないといけません。

そのためにも、多様性を常日頃から受容できるのとそうでないのとでは、おとなになったときに、その子ども達の生きる道筋が大きく変わってくる気がしてなりません。

カテゴリー: 子どもエッセイ
Translate »