• るんびに保育園|福岡県糸島市の理念
  • るんびに保育園|福岡県糸島市のこだわり
  • 地域の皆様へ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市からのお知らせ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市について
園のこだわり
2015年10月30日 金曜日

こんにちは!

昨日は「みそづくり」でした

園の給食で使うみそを年に3回 作っています。

給食室で茹でた大豆をお友だちがづぶして、こうじ、しお、大豆の茹で汁を混ぜ、団子を作って、桶に投げ入れてできあがりです。

みそづくりにはいられた先生の話です・・・

桶に材料を入れて混ぜるときに「こうじ」をてにとって、「いきているんですよ、いきているからだいずがおいしいみそにかわるんですよ」と すると近くにいたおともだちは「え~」といって手に取ってみていたそうです「うごいてる」(^_^;)といったおともだちもいたそうです。

毎回おいしいみそができています

 

あすは芋ほりです

そのいもを使って11月は焼き芋パーティーやクッキングでスイートポテトをつくったりします。

11月も楽しい行事がいっぱいです  

 

                  きっしー

 

 

カテゴリー: 園のこだわり
2015年10月27日 火曜日

お昼ごはんが、終わりました。

今日のメインメニューは、魚だったのですが…

Yちゃんは、魚よりも高野豆腐のカレー炒めが、気にいって

「おいしいね~」とパクパク笑顔で食べていました(●^o^●)

すると、カレーの味と教えたわけでもないのに「カレーライス?!おいしいね~」といったのです。

この歳でもちゃんとカレーの味ってわかるんですね~(゜o゜)

高野豆腐と何度いっても、「カレーライス!」といって

なんと4回もおかわりをしたYちゃんでした(*^。^*)       あちよち担当mami(^_^)v

カテゴリー: 園のこだわり
2015年10月24日 土曜日

最近カラーボールを上手に投げてあそんでいるまねっこぐみさん。

(以前は、ボールは手に持って歩き回ってることが多かったです・・・)

的やゴールポストのような物があったらいいかな!? と思って、

天井からネットを吊るして作ってみました。

投げたら転がってきて袋のところにたまって・・・と、

細長いネットを折り返しながら吊るしてなんとかできました。

作っている最中から、ちらほらボールが飛んできてましたが、

「できたよ♪」と声をかけると、いろんな方向から飛び交っていました。

・・・と、次の日には、

「穴!穴に入れるとよ!!」と言いながら、

たまたま折り返してた所にできていた穴を目がけて投げ始めていたのです。

初めは、ネットのすぐ下から・・・

徐々に距離を取って・・・

次はベンチの上に立って・・・

と、子どもたちの工夫が見られました。

しかも、ベンチの上に1列に並んで、順番に投げ入れるようにもなりました。

保育者の言葉がけもなく、自分たちでここまでできるようになったまねっこぐみさんが頼もしく見えました (*^。^*)

 

まねっこぐみ担当  tae

 

カテゴリー: 園のこだわり
2015年10月23日 金曜日

今日はお誕生日会で、テーマ国はカナダでした。

ここ数カ月は東南アジア諸国が続いて(間には違う国もありましたが…)、献立をたてるのに「んー今月も何か似た感じだなあ」と煮詰まっていましたが、一気に新しい風が吹き込んだみたいなカナダでした。

と言うのも、何にしようか調べていると、チーズやサーモンの料理がとても食欲をそそるように写真がでていて、個人的には和食が好きなのですが、随分迷って、今日の献立はハンバーガー、サーモンチャウダー、手作りドレッシングの温野菜、メープルマフィンと洋風にしました。

ハンバーガーも手作りすると、小さい子には口に入らないくらいの高さになってしまって、残す子もいたようで、また次回への反省になりましたが、外食のハンバーガーより美味しくできたかなあと感想。

来月はモロッコになってます。みんなおいしく食べてくれる給食になるよう、また頑張らなくっちゃ!! 

給食室 みゆたん

カテゴリー: 園のこだわり
2015年10月23日 金曜日

日曜日からドイツのミュンヘンに出張です。

うちの園が所属している保育環境研究所ギビングツリー主催の研修でミュンヘンに向かいます。

今年度から、厚労省の予算で、先進諸外国の保育の研究が進められているようですが、先進諸外国の中でも、ドイツは、日本人と国民性がよく似ており、学ぶところは多く感じます。

いまだに平均を作るための一斉教育から抜け切れていない日本と、脳科学に基づいた教育を打ち出しているドイツとの差を、肌で感じられる機会です。

全国の研究所所属者との出張ですが、毎日2カ園を見学し、それぞれが撮影した写真をもとに、何を感じ何を思ってその写真を撮影したか、などの研修を毎晩行う予定です。

ドイツは、最近よくニュースで流れているように、移民の受け入れに寛大な国です。

それに伴い、どの園にも、何十か国の子どもたちが所属しています。

国や文化、宗教が違う中、どのような保育を展開しているのか、とても気になるところです。

私の人生において、海外出張など、1度あるかないかの機会ですから、思う存分勉強してきたいと思います。

カテゴリー: 子どもエッセイ
Translate »