• るんびに保育園|福岡県糸島市の理念
  • るんびに保育園|福岡県糸島市のこだわり
  • 地域の皆様へ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市からのお知らせ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市について
園のこだわり
2015年12月28日 月曜日

いよいよ、保育園も今年最後となりました。

そんな今日は、退避訓練がありました。給食室からはわたしも0・1クラスへ、「ちょっといまウンチしてると思うけど、お願い!」とよちよち組のkくんをもらいうけ、抱っこして外へ避難しました~!^^

そんなK君は離乳食なんですが、食べることが大好き!出したものは、ほとんど完食してお皿が返って来るので、とても作り甲斐があります♪そして食べている時も、にこにこしながら上半身を左右に動かして美味しいダンスをします(*^。^*)その姿がとってもかわいいんです!!

 

今年一年、無事に終わることができ、大変お世話になりました。来年も、よろしくお願い致します。食べ過ぎには注意してくださいね(*^m^*)良いお年をお迎えください。

 

給食室 池ちゃん

カテゴリー: 園のこだわり
2015年12月15日 火曜日

昨日の夕方、しわわぐみ保育室のすみっこで書類の片づけをしました。

分厚いファイルを広げ、クリアポケットに入った書類をひとつひとつ取り出し・・・

作業を始めてすぐに、わんぱくぐみの女の子がやってきて、

「先生、なんしよ~と? お仕事? この紙みんなにあげると?」などなど、次々に質問されました。

質問に答えながら、作業を続けていると、

「〇〇がてつだっちゃぁ♪」

と言ってイスを運んできてその上に立ち、私が取り出していく紙を横できれいに重ねてくれました。

結構な量だったので、「大丈夫?疲れよらん?」と途中聞くと、

「うん、ちょっと疲れたけどいいと~。〇〇は、お手伝いするのが、だ~い好きやけん (^O^)」

と言って、続けてくれました。

・・・と、もう一人わんぱくぐみの女の子がやってきて「私もした~い」と。

先にしていた〇〇ちゃんが、「じゃぁ、ここにイスを持ってきて、これをこうしてここに置いて」

と、自分が置いた紙を取って、隣に置きなおしていくように説明してました。

〇〇ちゃんがきれいに重ねてたので、特にやることがない感じでしたが、

できることを考えて一緒にできるようにしてくれました。

それから3人で、おしゃべりしながら楽しく作業をし、

「ありがとう、お手伝いしてくれたから早く終わったぁ」

と言うと、

「これだけで終りと? 先生のお手伝い大好きやけん、また持ってきてね~」

と、2人とも言ってくれました。

お手伝いをしてくれたことはもちろんだけど、自分だけでなく一緒にできるように考えてくれた優しい姿が嬉しくてとても温かい気持ちになりました。

 

まねっこぐみ担当  tae

 

 

 

 

カテゴリー: 園のこだわり
2015年12月10日 木曜日

こんにちは!

 

今日は、明日のもちつきのための準備です。今年は初めて子どもたちに、もち米を2しょう、といでもらいました(*^。^*)これがもちになるとよ~というと、声をそろえて「え~!」と(*^m^*)

明日は天気がどうもあやしそうですが、、おもちつき、こどもたちも楽しみにしています♪

 

給食室 池ちゃん

カテゴリー: 園のこだわり
2015年12月4日 金曜日

こんにちは!

寒い日が続いていますね。

秋にしっかり組のお友達が植えたチューリップがあたまをのぞかせていました・・・じきをまちがえたかなぁ

そのそばには冬野菜が!

昨日の給食は

雑穀ごはん・白身フライとタルタルソース・人参のごま和え・ミルクスープでした

にんじんのごま和えにお友達が収穫してくれたほうれん草を入れました。

その前にはレタスを収穫してもらって使ったのですが・・・だからでしょうか、ほうれん草も一枚ずつ収穫してくれていました。先生に教えてもらってからは ねっこごととれました。

美味しいほうれんそうは茹でるとちょっとになり ごまあえは完食でした。

今度は何が取れるかなぁ~

 

                 きっしー

 

カテゴリー: 園のこだわり
2015年12月4日 金曜日

情報リテラシーとは、情報機器やITネットワークを通して、情報やデータを管理し、活用する能力のことを言います。

簡単に言えば、溢れかえる情報の中から、自分に合った情報を見つけ出し、何が本当で何が嘘かを見極め、的確に活用していくことです。

ドイツでは、日本における健康・人間関係・環境・言葉・表現の5領域に、この情報(メディア)リテラシーが含まれるところが多いようです。

日本においては残念ながらまだ、この部分は指針に記載はありませんが、小学校や中学校における、インターネットの使用法やLINEなどのコミュニケーションツールに関する注意事項などがこれにあたるといえます。

最近は、テレビや新聞・雑誌などのメディアだけでなく、ネット上でも簡単に情報を入手することができます。

ちょっとした調べものも、以前ならば図書館に行ったり、実際に書籍を購入したりしなければならなかったのが、キーワードを検索するだけで、簡単に関連する事柄に関する知識を入手できます。

しかし、特に、最近の情報は、ちょっと考えれば嘘だとまでは言えなくても、かなり事実を捻じ曲げて購入意欲を煽ったり、目立とうとしたりといった思惑が見えるものばかりで、まともな情報に出会いないことが増えてきました。

ちゃんとした根拠もなく、I thinkだけで情報発信している内容のものが多いですよね。

そして、それをそのまま鵜呑みにするおとなの多いこと多いこと(笑)

与えられた情報に対して、まずは「ほんとかな」「どうしてかな」と疑問を持つことが、論理的思考の第1歩なんですが、ここが日本ではしっかりとした教育がされてませんから、鵜呑みにするというお粗末なことになっちゃうんでしょうね。

ネットなどは、個人の特定ができないようなものも多いため、無責任な発言が多いですしね。

今の子どもたちには、情報に対しての正しい取り扱い方をしっかり身に付けておとなになってほしいものですね。

カテゴリー: 子どもエッセイ
Translate »