• るんびに保育園|福岡県糸島市の理念
  • るんびに保育園|福岡県糸島市のこだわり
  • 地域の皆様へ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市からのお知らせ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市について
園のこだわり
2016年5月30日 月曜日

あちよちさんは、眠たくなったらミルクを飲みながら睡眠に入っていくのが通常で、いつも3時間ぐらいは熟睡しています。今日はあまりにも眠たそうだったので、ミルクを飲まずにお昼寝しました。1時間30分くらいしたらお腹が空いたのか、ぐずって泣き始めました。ミルクを飲むとウトウト眠りに入り、30分くらい経つと眠りが浅かったのかぐずり始めてしまいました。暫く抱っこして遊びに誘ってみたものの、泣き始めたのでベッドに戻すと絵本やおもちゃを触り落ち着いて遊び始めました。落ち着ける場所が時間やその日の気分によって違うのかな?!ミルクを飲ませるタイミングなどもう少し考えて赤ちゃんも保育士もお互いスッキリできるようにやっていきたいと思います。

あちよち組担当:おおいわ

カテゴリー: 園のこだわり
2016年5月27日 金曜日

今日は、5月生まれのお友だちのお誕生日会をしました。

朝のお始まりの時に、お誕生日会があることを伝えると、

「うさぎさんの帽子かぶって、なになにします!っていうのした~い」と、

AちゃんとYくんがやってきました。

ちょうど、私が進行の担当者だったので、即OKの返事をしました。

始まる間際に簡単に打ち合わせ (*^。^*)

と、準備していたペープサートを見たAちゃんが、

「これなんすると?」

「こんなふうにしてお話をするとよ~」と、動かしながら説明すると

「Aもやってみたい!」

と、いうことで、急遽ねずみ・うさぎ・やぎの動物たちの役をお願いしました。

「少しずつなんて言うか教えるけん、それを言ってね」と言ってスタート!

Aちゃんは、かなり緊張してる様子でしたが、大きな声でセリフを言ってくれて・・・

最後までやりとげてくれました。

「あ~、楽しかった~」とAちゃん。

「なんでAちゃんがしたと~、私もしたかった~」と、見ていたお友だち。

いきなりのことだったので心配もしましたが、お話を簡単にしながら進め大成功 (^O^)

拍手もいっぱいもらってAちゃんもとっても嬉しそうでした。

もちろん、私も嬉しかったです。

Yくんも、進行のお手伝いを緊張しながらもやってくれました。

Aちゃん、Yくんありがとう♪

「やりたかった~」と言ってきてたお友だち、次回はぜひ!おねがいしまぁす。

 

しわわぐみ担当  tae

 

カテゴリー: 園のこだわり
2016年5月23日 月曜日

5月末になって、後わずかで6月となりますね  。みなさんは ,この暑さにまけていませんか?

私は暑くて負けそうになる時があります。でも、毎日毎日の子どもたちの姿を見てるとあっという間にそういう気持ちは消えますね~(笑)

最近の子ども達を見ていると自然と子ども達同士で遊びのルールを決めて楽しんで遊んでいる姿をよく見かけるようです。時にケンカをして、くじけそうになる時や、色んな事で嫌になる事もいっぱいあるけれど日々過ごして行く中でみんなそれなりに乗り越えて行っているようです。

これから梅雨に入り、季節も今以上にムシムシすると思いますが、楽しく毎日を過ごして行きたいと思っています。    ♡まねっこ組担当♡ ♡あかねでした♡

カテゴリー: 園のこだわり
2016年5月20日 金曜日

明日は、熊本の城山保育園に行ってきます。震災から1ヶ月が経ちましたが、心身ともに疲労している先生方の力に少しでもなれるように…一日保育のお手伝いをします。今日の午後から向かった職員もいます。そのため、明日は給食は無く、お弁当持参です。保護者のみなさま、ご協力ありがとうございます。

今、私に出来る事をやりたいと思います。

 

給食室 池ちゃん

カテゴリー: 園のこだわり
2016年5月19日 木曜日

別枠でもお知らせしていますが、あさって21日(土)は、うちの園から熊本へボランティアへ出向きます。

その際、保護者の皆さんにアンケートを取り、保育希望の子供の人数に応じて、スタッフを配置するようにしました。

管理栄養士と栄養士も現地へ出向くため、急きょお弁当をお願いし、希望をとりました。

回答いただいた用紙に、一言ねぎらいのお言葉をかけてくださる方、お会いして温かいお言葉をかけてくださる方・・・。

このように、急なお願いにもかかわらず、文句ではないお言葉を頂けるなんて、うちの保護者はなんてできた方ばかりなんでしょう!笑

素敵すぎますね!

正直なところ、今回のように、災害等の有事の際は、私どもは社会福祉法人立の施設ですから、通常の業務だけでなく、ボランティア等の派遣業務を担うこともあります。

世間一般のイメージでは、保育者というのは、「ただ子どもと遊んでいるだけ」というものがほとんどのようですが、保育以外の業務が生じることもあるんですよね。

近年の日本人は、自己主張のみで責任から逃避する風潮や、他者理解に乏しく、我を押し通す風潮が強くみられることも多いですが、こういった時こそ、「お互いさま」の精神を忘れないようにしたいものです。

カテゴリー: 子どもエッセイ
Translate »