• るんびに保育園|福岡県糸島市の理念
  • るんびに保育園|福岡県糸島市のこだわり
  • 地域の皆様へ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市からのお知らせ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市について
子どもエッセイ
2017年3月31日 金曜日

これからを生きていく子どもたちは、それぞれに未来が待っています。

人類の歴史を紐解いていくと、人類はすさまじい進化を見せていますが、地球の歴史からすればそれはほんの少しの期間でしかありません。

これからの人類の歴史を担っていく子どもたちには、どんな未来が待っているのでしょうか。

子どもたちが大人になる頃、地球はどうなっているのでしょう。

人類はどうなっているのでしょう。

未来のことは誰にもみえません。

ある程度の予想や予測はつくものの、それはあくまでも予想や予測であって、真実ではありません。

急速に進化を遂げている人工知能や地球温暖化、IPS細胞などの再生医療や遺伝子工学などなど、人類は叡智の極みを生きている気がしますが、それでもまだすべてを解き明かしているわけではありません。

よく「脳科学的に」といった文言が見聞きされますが、ヒトの脳だって、解明されている部分はほんの数パーセント程度のものです。

これから人類が迎えていく新しい時代に対して、様々な専門家がそれぞれの専門分野からの知見を述べています。

警鐘を鳴らしている専門家もいれば、未来へ希望を持つ専門家もいます。

どちらが正しいかは、その時代になってみないとわかり得ません。

タイトルの2029は、人工知能がヒトと同程度の知性をもつと言われている年です。

2029年までに、ヒトの脳と人工知能が融合し、ヒトの脳もクラウド化できるというのです。(Google社のレイ・カーツワイル氏)

そして、2045年には、人工知能はヒトの知性を超えるといわれています。

2029年は、今の子どもたちが、ちょうど高校を卒業し、社会に出始める頃です。

その頃には、ヒトの脳に人工知能が埋め込まれ、ヒトの力がより強大になると言います。

あくまでも予測の範囲ですから、絶対にそうなるわけではありませんが、いずれにしても、人工知能の発達は、ヒトの発達とは比べ物にならないくらいの速度ですから、当たらずも遠からず、くらいには認識しておいた方がいい情報かもしれません。

ちなみに、先ほど、発達の速度について触れましたが、例えば、ヒトの発達が1⇒2⇒3・・・と順番に発達していくのに対し、人工知能は、1⇒2⇒4⇒16・・・と発達していきますから、速度は比較にならないくらいのものになります。(たとえです)

 

ヒトの脳で解明できている部分が数パーセントしかないのが現状ですが、これがAIの手にかかれば、その解析は爆発的なスピードになるのかもしれません。

それを見越しての、ヒトの脳とAIの融合なのでしょうね。

今はまだウェアラブルによってヒトとAIとは完全に融合とまではいかないもののある程度の一体化ができています。

ウェアラブルを経て、進化したものが脳内チップといった感じでしょうか。

これだけ見ると、??????となられるかもしれませんが、ウェアラブルは今では誰もが身近に持っていると思います。

例えば、スマホの歩数機能などもウェアラブルといえばそうですね。

私はブレスレット型のウェアラブルをこの数年使っていますが、それは1日の歩数と消費カロリー、睡眠時間を付けているだけで勝手に計測してくれるものです。

スマホのアプリと連動させて記録、という流れです。

これが、より進んで、スマホを立ち上げなくても、脳内チップと連動して、クラウドに保存され、見たい時に見れる、といった流れになっていくのでしょうね。

脳内チップといきなり聞くとビックリするだけですが、いきなりそこにいくわけではなく、すでに前段階は人類が使用していて、より進化した形と捉えることができると思います。

個人的にはAIとの連動には怖さがありますが、時代の流れと共に、脳内チップが当たり前の時代になっていくのかもしれません。

ヒトは年を取れば取るほど、脳が固くなり、新しいものや変化に対して恐怖を感じやすい生き物です。

2029年には私も還暦が近くなっていますし、変化や新しいものに対して怖さを感じるんでしょうね。

ただ、今の子どもたちは、まだまだ未成年。

変化にも新しいものにも柔軟に対応してくれることでしょう。

そして、新しい時代を担っていってくれることと信じています。

カテゴリー: 子どもエッセイ
2017年3月31日 金曜日

平成28年度における第三者委員を利用した苦情処理は0件でした。

カテゴリー: 苦情解決について
2017年3月24日 金曜日

今年度も残すところあとわずかとなりました。

毎年この季節になると、春の訪れや新年度への期待と喜びだけでなく、今年度の終わりを感じます。

毎年毎年、卒園児が園を旅立っていくわけですが、これがなんとも寂しいんですよね。

それぞれの子どもたちには未来があって、これから就学してそれぞれの人生を歩んでいくわけですから、喜ばしいことであることは間違いないのですが、いなくなってしまう寂しさは何とも言いようがありません。

一緒に過ごした時間が、卒園式のあの短い時間の中で、一気に思い出されちゃうんですよね。

特に卒園証書授与の際。

ひとりひとり名前を読み上げて渡すのですが、もう一気に走馬灯のように、それまでは忘れていたことが出てきちゃうんですから不思議です。

例年、式の直前まで、「今年は泣かない」って思うんですけどね。

入場の曲のイントロでダメですもんね(笑)。

泣かないことはもう諦めていますから、当日は、大きめのタオルハンカチ常備で臨みますけども。

保育期間が長くても短くても、それぞれの子どもにそれぞれの思い出があって、子どもと話した何気ない会話や、子どもの何気ない表情や態度、そういったものが次々と思いだされます。

卒園して、子どもたちはそれぞれの就学先へ就学し、これからも育っていきます。

今の子どもたちが大人になる頃には2029年という大きな節目を迎える頃です。

みんながおとなになる頃、世の中はどうなっているのでしょうか。

どんな職業があり、どんな生活をしているのでしょうか。

先のことは今は知ることはできませんが、それぞれの子どもたちにとって、自分なりの幸せを見つけていてほしいなと思います。

 

 

カテゴリー: 子どもエッセイ
2017年3月3日 金曜日

平成29年度8月に行います「ドイツ×日本 保育研修」に関する案内はこちらよりダウンロードください。

 

ドイツ×日本 案内

ドイツ×日本 会場アクセス

ドイツ研修大規模同窓会

カテゴリー: 園からのお知らせ
2017年3月3日 金曜日

きょうは、良いお天気だったので、園庭遊びの途中から、近くの海までお散歩にいきました。

1歳児さんから年長さんまで、行きたい子だけ行きました。目的は、貝殻拾い、海が見たい、海にちょっと入ってみたい、舟が見たい・・・

と、それぞれがいろんな事を考えてたようですが・・・・「せんせーい、かいがらみつからん」と、見つけにくく、ゴミの方がたくさんあったので

ゴミ拾いになりました。袋いっぱいに集まったゴミを持ち帰り、「これは、燃えるのかなあ?」と、Tくんが聞いてきたので明日、興味がある子を集めてごみを分別してみようと思います。

さて、明日、何人の子が集まるんでしょうね?   それと、お散歩の帰り道に近所の方から「ゴミ拾いしてくれ立っちゃろ?ありがとう」と、言われ、子どもたちは、良い事をしたんだ~と、

誇らしげに保育園に帰ってました。  みんな、ありがとう!!           

                                                            久しぶりに投稿させてもらいましたmiyukiでした。

カテゴリー: 園のこだわり
Translate »