• るんびに保育園|福岡県糸島市の理念
  • るんびに保育園|福岡県糸島市のこだわり
  • 地域の皆様へ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市からのお知らせ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市について
  報告書関係

平成13年度より、社会福祉法第82条の規定により、当園では利用者からの苦情に適切に対応すべき体制を整備しております。
苦情処理に関しての担当者は、下記のとおりとなっております。なお、悪戯などの防止の観点から、第三者委員を担当されております委員の方の連絡先につきましては、HP上での掲載は控え、園内の第三者委員担当者の掲示箇所に記載しております。
苦情の受付に関しましては、利便性を考慮し、園の所定の用紙を年度当初に配布しておりますので、そちらをご利用下さい。各自でご用意された用紙でも結構です。園内の絵本の貸し出しコーナーにご意見箱を設置しておりますので、そちらへ投函下さい。

苦情解決責任者 園長
苦情受付担当者 主任保育士
第三者委員 日高由紀子氏(元主任児童委員)  小山坦道氏(摩耶福祉会幹事)

これまでの苦情処理件数はこちら

 

1. 苦情の受付
面接、電話、書面等により苦情受付担当者が随時受け付けております。また、第三者委員にも直接申し出ることもできます。

 

2. 苦情受付の報告確認
苦情受付担当者が受け付けた苦情を、苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対して、報告を受けた旨を通知いたします。

 

3. 苦情解決のための話し合い
苦情解決責任者は苦情申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は、第三者委員の助言や立会いを求めることができます。なお、第三者委員の立会いによる話し合いは次の手順にて行われます。

第三者委員による苦情内容の確認
第三者委員による解決案の調整・助言
話し合いの結果や改善事項等の確認

 

4. 園で解決できない苦情に関しましては、下記の窓口において申し立てができます。
福岡県運営適正化委員会 (クローバープラザ4階内)
春日市原町3-1-7 クローバープラザ4階東棟
TEL. 092-915-3511

 

当園では、今後もよりひとりひとりの子どもに応じた保育を展開し、利用者からのご意見に対して、誠実かつ適切な対応に努めて参りたい所存でございます。そのためにも、スタッフひとりひとりの意識を高め、よりよい保育を提供できるよう日々努めてまいりたいと思っております。

利用者から頂きました苦情内容に関しましては、内容及び対応等を毎月の園だよりおよびHPにて公表いたします。ただし、苦情申出人が公表を拒否されました場合は、この限りではありません。

社会福祉法人の運営に関する情報開示については、社会福祉法(昭和26年法律第45号)第44条において、「社会福祉法人は、事業報告書・財産目録・貸借対照表・収支計算書及び監事の意見書を事務所に備えて置き、利用希望者その他利害関係人から請求があった場合には、閲覧に供しなければならない」とされており、開示を義務付けられています。

当法人におきましても、年度ごとに情報開示を行っています。

なお、HP上に限らず、すべての情報に関しましては、園に常備しておりますので閲覧希望の方はお気軽に声をおかけください。ただし、職員および保護者・園児に関する個人情報に関する情報、プライバシーの侵害にあたる情報および守秘義務に抵触する情報に関しましては、情報の開示はできませんのでご了承ください。

社会福祉法人 摩耶福祉会 定款
役員報酬規程
るんびに保育園 運営規定
監事監査意見書
平成30年度 決算報告書表紙
平成30年度 計算書類
平成30年度 計算書類に対する注記
平成30年度 附属明細書
平成30年度 財産目録
平成30年度 その他の附属明細表
平成30年度 事業報告
平成31年度 事業計画
平成30年度 収支計算分析表

※★印は令和元年5月29日更新

平成20年3月に告示されました保育所保育指針において、保育士及び保育所の自己評価並びにその公表が努力義務として位置づけられています。

当園では、園における自己評価を行い保育を振り返るとともに、保育の質の向上に努め、子どもの最善の利益を保証することを第一の目標に掲げています。27年度の自己評価は以下の通りです。

なお、自己評価におけるスケールは、『保育環境評価スケール①』『保育環境評価スケール②』(共に、テルマハームス+リチャードM.クリフォード+デビィクレア[著] 埋橋玲子[訳]、法律文化社)を使用しています。

自己評価 乳児(よちよち・あちこち・まねっこ)(1ページ)
自己評価 幼児(わくわく・わんぱく・しっかり)(1ページ)
平成28年度 自己評価 乳児(よちよち・あちこち・まねっこ)(1ページ)
平成28年度 自己評価 幼児(わくわく・わんぱく・しっかり)(1ページ)
平成29年度 自己評価 乳児(よちよち・あちこち・まねっこ)(1ページ)
平成29年度 自己評価 幼児(わくわく・わんぱく・しっかり)(1ページ)
平成30年度 自己評価 乳児(よちよち・あちこち・まねっこ)(1ページ)
平成30年度 自己評価 幼児(わくわく・わんぱく・しっかり)(1ページ)

認可保育所には、社会福祉法第78条によって、定期的な第三者評価の実施の努力義務が定められています。

第三者評価とは、第三者の目から見た評価結果を幅広く利用者や事業者に公表することにより、利用者に対する情報提供を行うとともに、サービスの質の向上に向けた事業者の取り組みを促すことで、利用者本位の福祉の実現を目指すものです。

当園では、平成28年度 株式会社評価基準研究所(IRES)による第三者評価を受諾しています。
(認証番号 NO.機構12-218)
評価結果は以下の通りです。

利用者調査(3ページ)
組織マネジメント(12ページ)
事業所が特に力を入れている取組(1ページ)
サービス分析(12ページ)
全体の評価講評(1ページ)

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。
最新のAdobe Readerはこちらから無料ダウンロードできます。
adobereader

  
るんびに保育園のこだわり
子どもエッセイ
採用情報
Translate »