• るんびに保育園|福岡県糸島市の理念
  • るんびに保育園|福岡県糸島市のこだわり
  • 地域の皆様へ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市からのお知らせ
  • るんびに保育園|福岡県糸島市について
子どもエッセイ
2020年2月1日 土曜日

去る11月より、ぼちぼちと次年度に向けて、幼保連携型認定こども園への移行のための申請書類を作成しておりましたが、なんとか12月下旬に作成が終わり、福岡県に提出を終えています。

その後、何度かの修正依頼があり、都度都度で修正や加筆、追加資料の送付、と続いています。

提出した書類や資料をもとに、県において協議があり、正式に認定を受けるのは3月に入ってからということですが、1号認定を希望されるご家庭の申込は進めておかないといけませんから、なんとも歯切れの悪い状態です(笑)。

福岡県での協議や調査が済んだら、実地調査があるようです。

協議がスムーズに進んで認可が下りればいいのですが・・・

こればっかりは県の判断ですからねえ・・・

それにしても申請書類と添付資料の多いこと多いこと!!

ファイルの厚さで言えば、10cm近くあるんじゃないでしょうか・・・。

ヒィヒィ言いながら半泣き状態で作成しましたが、確認する方も大変ですよね、あの量は・・・。

書類大国ニッポンですから、ある程度は仕方ないところではありますが、もう少し、確認する方々の業務軽減できないものですかね?

公務員さんも人手不足でしょうにね・・・。

それはさておき、協議前の調査のひとつに、法人職員と役員の福岡県警照会という記載が申請のフローチャート内にありました。

福岡県警照会!!??

もちろん、職員も役員も照会されて困ることは一切ないんですけども、どうやら、反社会勢力組織の構成員でないか、つながりがないか、を調べる様です。

キッチリしっかりしてますね、福岡県!

都会の方では、この10年ほど、反社会勢力組織の方々が、社会福祉法人や宗教法人を乗っ取るケースがあるようです。

そういったことを未然に防ぐ目的もあるのでしょうね。

ちなみに、他県の保育仲間にも聞いてみたんですが、県警照会などはなかったと・・・。

おかしいな・・・(笑)。

カテゴリー: 子どもエッセイ
2020年1月4日 土曜日

気づいたら新年が明けてました。

皆さま あけましておめでとうございます。

年を追うごとに、お正月をあまり感じられないまま過ぎ去っていくのですが、今回も同様でした。

さて、2020年ということで、多くの人が待ち望んでいる東京オリンピックが開催される年になりました。

今回のオリンピックでは、サーフィンやスケボーなどのいわゆる横乗り系のスポーツが正式種目となっているところが個人的には目玉ポイントです。

スケボーに関しては、ランプ設置は室内でも可能ですから、お天気に左右されることもなく進みそうですが、サーフィンに関しては、会場が海ですから、天候に左右されます。

お天気具合だけでなく、風邪の向きや強さによって波の高さが変わりますから、こればっかりはどうしようもできません。

サーフィンで、見ていて楽しいのは、やはり頭オーバーでの演技です。

会場になる千葉の海岸は割と波のサイズが上がりやすい地域だと記憶していますが、頭オーバーとまでいかなくても、せめて腰くらいのサイズは欲しいところ・・・。

個人的にはスプレー満載のスピード感あふれるカットバックが好きですが、選手はだれもが一流どころばかりでしょうから、エアーや360など高度なテクニックが満載になるのでは!?と期待しています。

協議に関係なく、出場される選手のみなさん、そのご家族やコーチ陣、たくさんのスタッフの方々など、ケガや事故なく無事にオリンピックが終えられるといいなぁ~。

うちの園も、海に近いので、先々海に魅せられて波乗りしようと思う子どもが出てくるかもしれません。

ちなみに、園から車で4~5分のところに、にぎのはまという波乗りスポットがあります(今もそうなのかは定かではありませんが・・・)が、20年ほど前の当時は、にぎの浜の波に乗れれば全国どこの波でも乗ることができると言われるほど、波が短くグチャグチャで、とても乗りにくい波を生んでくれる場所でした。

今もそうなのかしら・・・?

カテゴリー: 子どもエッセイ
2019年12月6日 金曜日

気づいたら12月です。

びっくりです。

ついこの間まで9月だったのに!!

園舎の建て替えが終わり、次年度の認定こども園への移行に向けて、書類作成をぼちぼちしておりましたが、あっという間に12月になっていました。

時間の流れって年々早くなっている気がするんですけど、これも加齢によるものでしょうか。

ますます時間の流れが速くなっていく覚悟だけは年内にしておきたいと思います!

さて、次年度より幼保連携型認定こども園へと移行予定で、ぼちぼちっと申請書類を作成し、現在は県の子育て支援課の方からの連絡待ちの状況です。添付書類の不足とか、細かい指示がたくさんとんでくることウケアイです。

さすが書類大国ニッポンです。

申請書類もたーーーくさん入力事項があり、添付書類もあり、ほんとに計画が好きな国民性なんだな~と感心します。(作る方もチェックする方もたまったもんじゃないですけどね)

ただ、これどこまで同じシステムで続けられると思ってるのか、疑問に思うところです。

書類作成なんてAIの得意中の得意な分野ですし、AIだったらミスもありません。

例えば、うちだと園としての歴史は70年近くあるわけですから、初期からこれまでの書類(永久保存指定の書類がいっぱいあるんですよ)を、データとして取り込んで、そのデータからAIが学習を深めていけば、現時点でどの園も時間かけて頭かきむしりながら作っている諸々の書類一式を、サクっと、サラっと、あっという間に、作成してくれるはずです。

そしたらですよ、その分、人件費も浮きますし、書類にかけていた時間をもっと子どもたちと直接触れ合ったり、保護者とお話したりとか、有効に使えますよね。

やっぱジャービスが必要です!!

1園に1台、ジャービスを!!!

サンタさん、ジャービスくれないかなぁ・・・・(仏教徒ですけど)。

カテゴリー: 子どもエッセイ
2019年5月26日 日曜日

「次の時代を作るのは常にマイノリティ」

というのは誰の言葉でしたっけ・・・?(笑)

どなたの言葉かは思い出せませんが、この言葉は的を得ていますよね。

というのも、少数派の人たちは、多数派の人が気づいていないところに気づいているわけです。人間は「飽きる」生き物ですから、多数派で定着した物事に安定感を求めると共に、飽きてもきます。飽きると、「ほかに何かないかなぁ~」となり、それまでは少数派だった物事に目が向きやすくなるんですね。

また、ビジネスの世界ではよく言われることですが、「誰も気づいていない、やりたがっていないことにこそ、次のビジネスチャンスがある」ということ。

特に現代は、情報過多の世の中ですから、いろいろなチャンスを手に入れやすい世の中ではないかと思います。半面、サイクルが早いので、人間が飽きるスピードも速くなってはいますが・・・。

次はどんなビジネスが生まれてくるのでしょうか。

昔のように、大きなくくりでしかなかった「仕事」が、今は本当に細分化されていて、個人事業主も増えています。また、以前はなかった「仕事」も生まれています。

例えば、今では当たり前にほとんどの人が持っているスマートフォンですが、これも以前はなかったものです。スマートフォンの販売店や修理などに従事する仕事は、以前はなかった仕事ですね。

他にも、食に関してはどうでしょうか。

以前は、アレルギー食品はほぼありませんでした。今では、アレルギー食品のみを扱う会社も存在しますし、使用食材に関しては、ほとんどの製品で表示されていますね。あの使用食材を算出する仕事も以前はなかったものです。

以前は、アレルギーを持つ人も、個別のデバイスを持つ人も少数派でしたが、見事にその少数派をターゲットにしたビジネスが生まれています。

今後の時代は予測不能な時代へ突入したと言われていますが、予測できないからこそ面白さもありますね。

このように、次にどういう物事が起こるのか、流行るのか、などは、既存の者では測れないところがあります。

近年は、公立の小中学校における通級利用児童や不登校児の数が右肩上がりで増えています。今の時点ではまだ少数派ですが、この右肩上がりは衰えを見せません。

今後、この少数派といわれる子どもたちが、次の時代を作っていく可能性は高いのではないかと思います。

また、今は少数派ですが、年々増加傾向にあるわけですから、半数以上になった時点で、それまで少数派だったものが多数派に変わることもあり得ます。

いずれにせよ、先のことはわからないので、これからどう変わっていくのかを楽しみにしたいと思います。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 子どもエッセイ
2019年4月25日 木曜日

新園舎となり、環境の見直しと設定をちまちまと行っています。

環境と一口で言っても、多岐にわたっていて、保育における環境設定は多くの専門性が必要になってきます。

保育室の広さはどうか。

音環境はどうか。

二酸化炭素の濃度はどうか。

照度や日当たりはどうか。

遊びにおける場所の設定はどうか。

遊びの内容はどうか。

子どもたちの活動においての動線はどうか。

静かに過ごしたり昼寝をしたりする環境はどうか。

保護者が入りやすい玄関かどうか。

保護者がゆっくりできるスペースはどうか。

保育者の動きやすい動線かどうか。

保育者が働きやすい空間かどうか。

・・・・・・などなど。

 

挙げるときりがありません。

それらの環境を整えるために、新園舎の設計から定期的な工程会議を経て、今の園舎が出来上がって日々すごしているわけです。

危険な箇所の排除はもちろんですが、危ないからと言ってなんでもかんでも排除してしまって、子どもたちの先々を見通した環境まで排除してしまうのは保育ではなくなってしまいます。

それぞれの子どもたちにとって、その子なり道を生きていくために、乳幼児期に経験するべきことを、園の環境に詰め込んでいかないといけません。

そのために、私たち保育者は、日ごろから環境の重要性を意識して、様々な視点から環境を考えています。

空間一つにしても、どこに何を置くかで、子どもたちの動きが変わってきます。どの空間をどういう場所にするかでも大きく変わってきます。

「こうすればうまくいく」といったマニュアルはなく、目の前の子どもたちの発達状況に応じて、あれこれと変えていかなければならないのですが、これがまた楽しいんです。

子どもたちからの提案に助けられるときもたくさんあります。

実際にあそんだり生活するのは子どもたちですから、子どもたちからの提案に沿う方がよっぽど効率的なときもあります。

おもちゃひとつにしても、子どもの様子が変わる時もあります。

答えはひとつではなく、その答えすらないのが保育です。

だからこそ面白くてやめられない魅力があるんでしょうね。

 

カテゴリー: 子どもエッセイ
Translate »